占星術を独学で

『エレメント』と『クオリティ』について。同じ区分でも星座によってちがう『火土風水』の性質。

『エレメント』と『クオリティー』の組み合わせを理解することで、星座の性質をより深く理解できる!


占星術を勉強し始めて

なんとなく納得できなかったのが


火、土、風、水に分ける
 『エレメント』

活動宮、固定宮、柔軟宮に分ける
 『クオリティー』





一つ一つの意味も
分類の仕方も理解できるのに



動き回る風なのに不動宮の水瓶座、、?

風の性質なのに頑固な水瓶座、、?

風ってうごきまわるんじゃあ、、?



動かない土なのに活動宮の山羊座、、?

土の『活動宮』ってどういうこと、、?







12星座のトップバッターであり
命そのものの牡羊座が
『火』で『活動宮』

とか

境界線のない『魚座』が水で『柔軟宮』

なんていうのはそのままなので
わかりやすいのですが

相反するものが
ペアになった時のもやもや感、、



え、なんで、、
なんで、、
結局どっち、、
え、どっちも、、?
ちょっとこんがらがるんですけど、、


ひとくくりにされてもよく分からない、、

同じエレメントでも
性質によってちがうんだろうけど、、

結局のところ、”違い”って何?


ずっともやもやしていて
いろいろ調べているうちに
みえてきたものを
まとめてみようとおもいます♡




『火のエレメント』牡羊座・獅子座・射手座


エレメントの火は

牡羊座
獅子座
射手座

 

火といえばエネルギッシュでパワフルで
ノリが良くて
イケイケゴーゴーな感じ!

 

深く考えるのは苦手だけど
直感と情熱とノリで
物事をクリアしていくのが火の性質だー!

 

なんですが
そんな単純なもんではないですよね、、!

 

わたしに納得いかなかったポイントは
獅子座の火、、!

 

火なのに不動、、
イケイケゴーゴーではないのか、、?

 

星座ごとに
どんな性質の『火』なのかまとめてみます♡

 

牡羊座の火は『生命力の火』


牡羊座の火は『生命力の火』


火花
稲妻

”ないところから突然出現する火”
というのが共通点

 

牡羊座は生命の始まりを表す星座で
生命としての”無から有”になるパワーって
凄まじいものがあります

 

スタートダッシュが得意であったり
直感で動く牡羊座

 

後ろを振り向かず前だけを見て
力強く進んでいく!

クオリティーはもちろん『活動宮』♡
いちばんわかりやすい組み合わせですね!

 

獅子座の火は『尊厳の火』


獅子座といえば『尊厳の火』

ろうそくの火
焚き火の火

キャンプファイヤーの火

 

動かず “その場で燃える火”
ということが共通点

獅子座は “プライド” や
自分の “尊厳” を大切にする星座

プライドって動き回るものでもなく
確固たるものとしてそこにあるもの

 

だから
クオリティーは『固定宮』

実は行動にうつすのは
そんなに得意ではないですが

”自分を解放すること”
”存在を輝かせること”


その場で
ぶわっと自分を表現し、
主張していくことができるのが
獅子座の火

 

射手座の火は『精神性の火』


射手座の火は『精神性の火』

ランタンの火
灯台の火

ロケットの火

 

その火は精神性をあらわし
”ここではないどこかへ行くための火”
であること

ひかえめなランタンの火も
まわりを照らして
進んでいくための火といえます





さらには

ストーブの火
熾火



”ここではないどこかへ”
がキーワードであると同時に

射手座は人を導いていったり
人の期待に応えたい、
人の役に立ちたいという想いが強い
星座でもあります

 

射手座のクオリティーは『柔軟』

射手座の火は遠くへいくばかりでなく
時に人をあたためるストーブの火になったり
静かにその場を照らす”熾火”にもなります


 

『土のエレメント』牡牛座・乙女座・山羊座


エレメントの土に分類される星座は


牡牛座

乙女座
山羊座

土の性質といえば
コツコツと堅実に物事を進めていく
新しいものをはじめるというよりは
今あるものを大切にする

ってイメージ


いちばん納得いかなかったのは
冒頭にも述べたように

土なのに活動宮の
『山羊座』の性質について!

星座別にどうぞ♡



牡牛座の土は『豊かさの土』


牡牛座の土は『豊かさの土』

山の土
森の土
鉱山の土

 

森や山に木が生え、つけた果実や
鉱山から取れた金属が
人々の生活を支えます

牡牛座の支配星は “金星” でもあり
それは豊かさの象徴


馬糞などの
ナチュラルな肥料がたんまり入った
ふくよかな土を想像します

 

クオリティは『固定宮』

動きにくい土の性質だということに加え、
エレメントも固定宮ということから

牡牛座の ”現状から豊かさを得ようとする性質”
がリンクします

 

乙女座の土は『手を加えられた土』


乙女座の土は『手を加えられた土』

畑の土
陶器の土
土の壁
土の家


手の加え、
必要なものに形を
変えた土ということが共通点


堅実な土でありながらも
細かいことに気がつき、

その時必要なことを必要な形に
提示していくことができるのが乙女座

クオリティは『柔軟宮』

乙女座の柔軟というのは
ふんわりとした柔軟ではなく

”刺繍針で必要とあらば
チクチクどこでも縫えるよ”

っていう柔軟のイメージ


デザインとしての刺繍ではなく
やぶれた箇所を刺繍できれいに治すやつ
あるじゃないですか

あんな感じ!


必要な場所に
ピンポイントでロックオンできる柔軟さが
乙女座の柔軟♡



山羊座の土は『積み上げの土』


山羊座の土は『積み上げの土』


岩石の土
断層の土


なかでも
『活断層』なんかがピンときます

普段は動いているようの見えなくても
活発な活断層は徐々に動き
その活動による地表のズレが
新しい地形を生み出します


山羊座の土は
時間の積み重ねによりもたらされるもの

建設的に計画を立て
目標を達成しようとする性質にマッチします

クオリティーは『活動宮』



山羊座って
クオリティーが活動宮ということ
結構忘れられがちな気がします



真面目だということが
取りざたされやすいですが
山羊座はとってもエネルギッシュ♡

山羊座は社会的地位を得ることを
目標としますが
目標持ってがんばっている
企業のトップを思い浮かべてみてください


エネルギッシュで
パワフルな魅力にあふれています♡



『風のエレメント』双子座・天秤座・水瓶座


エレメントの風に分類されるのが

双子座
天秤座
水瓶座

風の性質といえば
フットワークが軽くって
コミニケーション能力があって
知的なイメージ

いちばん納得いかなかったのは
風なのに固定宮の『水瓶座』

風なのに動かないって意味不明

でもどんな風なのかがわかれば
それがクリアになります!

 

双子座の風は『メッセンジャーの風』


双子座の風は『メッセンジャーの風』

季節風
局地風
ビル風

狭い地域に限って吹く風だということが共通点

 

双子座のエネルギーは
”横に広がっていくエネルギー”

 

人から人に伝えていく
”メッセンジャー的な役割”をする風です

双子座は”水星の支配星”
でもありますよね!

星読みの基礎知識『水星星座』について。知性やコミニケーション能力を活性化させるヒント。太陽星座との対比にも注目。



必要な情報を伝えたり
流行を作ったり
知性を学問に変えていくまでの過程も
双子座の管轄

 

クオリティーは『柔軟宮』

”双子座が通り過ぎた後は
仕事が片付いている”

というキーワードがわたしの中には
あるのですが
なんでも”さらり”と器用にこなす双子座は
柔軟な知性の性質を持っているから




こちらも参考に♡

吉村知事のホロスコープを読んでみました。彼の知性とパワーにメロメロになっています。

 

天秤座は『調和の風』


天秤座の風は『調和の風』

貿易風
偏西風

広い範囲で吹く風が天秤座の風

天秤座は “社交的でスマート”
時には八方美人だという言われ方をしますが
風の範囲で懐の広い人ということ

水気質のように
深く人と関わるのは苦手ですが
サラリとスマートに
たくさんの人に自分を提供できる

芸能人の火星金星に
天秤座の人が多いのは大きくうなづけます


クオリティーは『活動宮』





え?活動宮?

スマートな天秤座なのに
ピンとこなくないですか?


偏西風というのは
別名”ジェット気流”


天秤座はタロットでいうと『正義』にあたります


そのスマートさの奥には
公平さや、調和を守るために働きかける
ジェット気流のような(?!)
行動力や、情熱もしっかりと備わっています!




水瓶座は『博愛の風』


水瓶座の風は『博愛の風』

大気

大気というのは
地球を取り巻く空気全体を表します

“大気圏” と言った方が
しっくりくるかも

風だけど
大きな範囲を包み込んでいて
動きがわかりづらいのが特徴

水瓶座というのは “博愛主義” で
個人的な幸せよりも
“社会全体の幸せ” を願います


世界全体を包み込む “博愛の風” が
水瓶座の風


クオリティは『固定宮』

理想の未来を思い描き
実現させる確固たる信念を持っています

木村拓哉さんは太陽蠍座、月水瓶座。固定宮の組み合わせは確固たる意志がある人。


『水のエレメント』蟹座・蠍座・魚座


エレメントの『水』に分類されるのが

蟹座
蠍座
魚座

水の性質の人は “くっつきやすい” が
キーワード

抱いた感情を大切にするし
人を求めるし
自分も人に求められることをのぞむ

水について納得いかなかったのは
蟹座の『活動宮』

え、蟹座って人見知りなんじゃなかったっけ?
そんな蟹座が活動宮なのはなぜ?

 

蟹座の水は『感情の水』


蟹座の水は

河川としての水
ダムから流れ出す水
時には鉄砲水

蟹座の月は支配星で
『感情』をあらわします

月が満ち欠けするように
蟹座の感情はとてもうつろいやすく
感情を解放しないことには
どんどん自分の殻の中に
溜め込んでしまうことになります

蟹座が活動宮なのは
”感情を解放するため”

泣いたり笑ったり怒ったりして
自分を解き放していく必要があるのです

蟹座はタロットでいうと戦車にあたります
臆病な蟹座は戦う活動宮!タロットに置き換えると『戦車』。数字にたとえると、基盤の『4』。



じぶんの感情だけではなく
”大切なものを守りたい!”という感情を
解き放つためにも、蟹座は動きます

 

蠍座の水は『変容の水』


蠍座の水は『変容の水』

井戸水


静かで深く沈み込む水です

”蠍座はマニアック”
なんてことが言われますが
人が通り過ぎていくようなことを
ガシっと捉えて
それを探究していく星座

深海魚のシーラカンスが
3億年前とは変わらない姿で
発見されているように

根底にあるものって
そんなに変わらないんだと思います

変わらないのに見えいくい
気がつきにくい

蠍座はそんな人が目を向けないものに
光を当てます



クオリティーは『固定宮』

あちこち動き回るのではなく
目をつけたその場所で深く深く潜り込み
自分自身を変容させていくのが蠍座の水



魚座の水は『染まる水』


魚座の水は『染まる水』

雨の水
霧の水
雲の水
海の水


もはや水というより “水分” と言った方が
いいものも多いですよね

魚座も水は
雨が海に落ち
その蒸気が雲になったり

姿形が時々によって変わることが共通点

『境界線が曖昧』ということが言えます

 

クオリティーはもちろん『柔軟宮』

魚座の柔軟は受け入れの柔軟


蠍座の『変容の水』は
特定の人や
あることがらについて徹底的に関わり、
それと一体化し全部吸収して
新しい自分に生まれ変わろうとします


それに対し、
魚座の『染まる水』というのは
どんなことも知っても知らずも
受け入れるという性質


人や環境の影響を受けやすく
じぶんと人の境界線ですら曖昧なのが
いちばんの特徴と言えます







まとめ


同じエレメントでも

”どんな違いがあるのか?”

ということに目を向けると
それぞれのサインの個性が
ぐんと浮かび上がってきます



また、
この記事はあくまで『星の性質』について
書いています

いちばん一般的な太陽星座の性格として
読んでいただいた方で
ピンとこなかった方は
こちらもご参考に♡

人は10人のキャラクターでできている?!惑星は人、星座は国。星読みにおける惑星の意味を解説。


この記事の内容の他にも
アセンダントや星同士の角度、
サインの度数などによって
体感は変わってきますが
確実に自分の中にあるものなので
意識してみると面白いかと思います!




次は

”エレメントとクオリティを調べるときの
少しマニアックな方法について”

こちらもチェック!

『エレメント』と『クオリティー』をもとに性質をみる。ナチュラルハウスに注目する “マニアックな計算方法” をご紹介。








今回は

”『エレメント』と『クオリティ』について。
同じ区分でも星座によってちがう
『火土風水』の性質。”

に、ついてでした♡








星読み自習室





オンラインコミニティー『星読み集会所』も
よろしくおねがいします♡

星読み集会所はこちら







星読みブロガー I 2児のママ
ファセ
月『蟹座』で情緒的、太陽水星『蠍座』で執着心強め、11ハウスに星が集中で依存心強いわりに束縛されるの大きらい アセンダント『射手座』と1ハウス『天王星』がかなりきいており、カニで小心者のわりにぶっ飛ばソウルです "星は超えていく" が大前提 自分に都合の良い星読みをしています♡ 星好きが集うオンラインコミュ二ティー『星読み集会所』メンバー募集中!

更新をメールで受信できます。