新月・満月

【蠍座新月】『火星+キロン』で、自分のコンプレックスを、魅力や力に変えていける積極性を持つ。停滞していた現実が動きはじめるタイミング。

『火星』と『キロン』に注目!


11月15日、蠍座で新月がおこります

蠍座といえば、『変容』
深い関係の相手と一体になり、自分をまるごと変容していきます

今回の新月っていうのはすんごく特徴的で
蠍座の支配星は『冥王星』と『火星』!

蠍座とつながりが深い『火星』が1ハウスに滞在しているんですよね

1ハウスといえば『自分自身』

火星に加え、『キロン』も滞在しているというところがミソ!


火星は取りにいく力で、男性性の象徴

キロンは傷やコンプレックスだと感じやすいものですが、捉え方と癒し方次第で、人を癒すことができます

『火星+キロン』で、自分のコンプレックスを、魅力や力に変えていける積極性を持つことがうながされています

このまえ車椅子の芸人さんの特集をしていて、『障害があるからこそ応援してくれている人がいるので、もし治してくれる薬があっても飲まないとおもう』

みたいなことをおっしゃっていました

本人の捉え方次第で、歩けないことですら武器になるという時代になってくるだなあと

コンプレックスって、自分的にはすごいいやだーいやだーっておもって隠したくてたまらないんですが、『もう出せ!』ってことですね、、!


蠍座での新月なので、 ”自分自身の持つ力で、自ら人生を掴み取るための変容” ということが言えそうです




蠍座新月はタロットでいうと『ソードの6』


先日の火星逆行終了の記事にも書きましたが、『水星』と『火星』が順行になり、今まで停滞していたことが、これからどんどん動いていきそうです


今回の蠍座新月のカードは、『ソードの6』!

くるしい状況から抜け出し、物事が動きだすという意味があります 現状を冷静に判断し、まわりのニーズや、現状にあわせて、計画的に動いていくことができる


さらには
今回の新月の蠍座24度(1度繰り上げ)も、同じ意味があり、自分にしかできない仕事に、精神のすべてをかけて集中できるタイミング!


もう夢見る段階ではなく、きっちりと現実的な形として具現化できます

木星、土星、冥王星とも60度の調和の角度を組んでいるので、より良い方向にトントントンと転がっていけそう!



今年は天体の逆行逆行逆行ー!!!!
で、いろいろ見直しをさせられたり、目移りしたり、ああでもない、こうでもない、方向性迷子、、みたいになった人も多いかとおもいます

いろいろ振り回され見直しさせられたからこそ、進むべき道が明確になり、力が湧いてくるタイミングでもあります


『あっちが正解だとおもっていたけど、もしかしたら正解はこっちかもしれない、、でもあっちだって決めちゃったしなあ!』

ということとか、ないですか?


今更こっちっていうなんてださい!かっこわるい!なんて思わずに、潔く自分がそうだとおもう方向へ、ゴーです♡





今回は


”【蠍座新月】『火星+キロン』で、自分のコンプレックスを、魅力や力に変えていける積極性を持つ。停滞していた現実が動きはじめるタイミング。”


に、ついてでした!



占星術の基礎知識を少しずつおまとめ中♡
オンラインコミュニティーも、よろしくおねがいします!




星読み自習室 flom大阪市


星読みブロガー I 2児のママ
ファセ
月『蟹座』で情緒的、太陽水星『蠍座』で執着心強め、11ハウスに星が集中で依存心強いわりに束縛されるの大きらい アセンダント『射手座』と1ハウス『天王星』がかなりきいており、カニで小心者のわりにぶっ飛ばソウルです "星は超えていく" が大前提 自分に都合の良い星読みをしています♡ 星好きが集うオンラインコミュ二ティー『星読み集会所』メンバー募集中!