占星術ブログ

【2022年3月3日魚座新月】世界は外側にあるのではなく、自分の内側で出来ている。ドキドキワクワクフガフガで、自分自身を支配せよ。

魚座新月


魚座新月についてです

https://youtu.be/S1fcV9QyAtI

自分が自分のまま生きる


今回の魚座新月はすごい!

『1ハウス』と『2ハウス』に星が集中!

1ハウスと2ハウスというと、生まれたての1段階目と二段階目、12サインでいうと、『牡羊座』と『牡牛座』のハウスに当たるのですが、今回そこにある星たちは、『山羊座』、『水瓶座』、『魚座』です

この3つのサインは12サインの10、11、12番目のサインです

12サインも後半に差し掛かると、自分というよりは、自分も含めた世界全体を見渡すようになります


山羊座は社会での自分
水瓶座は仲間と理想の未来を作りあげようとする
魚座はあの世


個人というよりは、世界の一部としての自分にスポットが当たります


なのに、そのサインが、生まれたての1番、2番目のお部屋にいるということはですね、、またきました、このメッセージが、、!


『自分が自分のままで生きよう』です


前回も同じことをお伝えしましたが、また視点を変えて、『家でも外でも自分が自分のままでいよう』ということを伝えてきてくれているように思います 




五感とフィーリング


魚座の月は『2ハウス』にあります


2ハウスは『牡牛座』の管轄するハウスで、牡牛座といえば固定宮で『土』のサイン

12サインで一番安定感がある地に足をつけるためのハウスであると同時に五感を大切にします


それに対して『魚座』は水のサインの柔軟宮

12サインで一番目に見えない世界を大切にするサインなので、頭で考えるよりも、フィーリングを大切にします


正反対の性質を持つようで似ていると感じるのは、牡牛座の五感と魚座のフィーリング


なので、肉体的にも、感覚的にも直感的にも心地よいものを選び取ることで、
自分自身を大切にしてあげる


五感とフィーリングを大切にして、自分の内側を整えていたら、勝手に外側も整ってくる

世界は外側にあるのではなく、自分の内側で出来ている




さらに、2ハウスには、『魚座』の月、太陽、木星、海王星
そして、『水瓶座』の水星と土星が滞在


木星と海王星は、どちらも、”拡大する” とか、”広がっていく”、という意味合いが強いので、今回の魚座新月に始めたことは、大きな意味を持つようになりそうです




ドキドキワクワクフガフガで支配せよ


さらにアセンダントは『山羊座』です



山羊座といえば、現実に即す力が強く、力を手に入れることで状況を変えようとするサインですが、その山羊座に入っているのが、金星火星、冥王星です

『金星』だけだとドキドキワクワク、『火星』が一緒になるとそこにフガフガ!がくっつく!さらにそこに『冥王星』もくっついているので、ドキドキワクワクフガフガで自分自身を支配せよ!


です


なので先ほどの魚座2ハウスの流れからいうと、楽しいことや嬉しいことでいっぱいの世界で自分自身をいっぱいに使用!そんなふうに捉えることができます 



もう一つは、金星火星で、冥王星を突破せよ!です

期待に応えるのをやめる
重荷を背負うのをやめる
古いものを手放すのをやめる

建前で生きるのをやめて本音を大切にする

湧き上がる情熱やヒラメキを大切に、冥王星を見方につけていきたいところです♡


サビアンシンボル13度『世界の一員としての自分』


さらに今回の月は魚座の12度で、サビアンシンボルでいうと13度です

13度はカリスマの度数で、そのサインのパワーがフルに生かされる度数です

冒頭で、『世界の一部としての自分にスポットが当たる』というふうに書きましたが、まさしくそんな意味合いが強く、世界の一員として、自分はどう在るべきなのか、、ということを感じてみる時なのかもしれません


『世界の一員として!』というとちょっと堅苦しくなってしまうのですが、『世界は外側にあるものではなく、自分の内側にある』という見方をすれば、自分がご機嫌であることの大切さに気がつくことができます 

自分の住む世界に文句を言いたくなったら、まずは自分をケアしてあげる


よしよし、えらいね!
いつもがんばっているね!
そりゃ文句も言いたくなるよね!



ひとりひとりが自分を大切にして、毎日をご機嫌で過ごすことが、世界平和につながると、わたしは信じています

 

わたしのICで魚座新月 木星が0度


星読み集会所を2月末で閉めることになりました

わたしは本当にキャパが狭く、コミュニティーを運営しながらYouTubeをしようとすると、どうもエネルギーが散漫になってしまって、両立はできないと判断しました


メンバーは、素敵な人たちばかりで、閉鎖はとても寂しかったけど、信頼関係がしっかり築けているので、また新しい関わりをして行けたらいいなあと思っています




今回の魚座新月は、わたしの『IC『ピッタリで起こります


このことを言うと、メンバーのひとりが、

『ICは心の故郷。多くの人と共有された心。
そこで新月ということは新しい、人との共有が始まるのかもしれないね』


というふうに言ってくれました



この閉鎖のタイミングで、『多くの人と共有された心』の場所で、感謝と手放しの満月ではなく、これから始まる新月なんだ、、と言うことがわたし的にとても嬉しいポイントでした


この1年、メンバーとは星についてのたくさんのことを共有しました

時には星の話に止まらず、プライベートな話をしてウルウルすることも多々ありました。みんなとお話を共有できたことで、たくさんの気づきをもらえたし、自分の成長につなげることができました


でもこれはまだ序章だったんだなと
ここからが始まり


ICっていうポイントが、イマイチ自分の中でピンときていなかったんだけど、体感としては、木星が乗ったこともあり、心の受け皿が広くなったという感覚もあります

心を共有し合うことによって広くなった受け皿

自分を信じて流されていれば大丈夫♡




なるべくしてなる
あるべき形になる
流れのままに
あらがうことなかれ


 






ということで、
”【2022年3月3日魚座新月】世界は外側のではなく自分の内側で出来ている。ドキドキワクワクフガフガで支配せよ。”


についてでした!



星読みブロガー I 2児のママ I たまに花屋
ファセ
花屋で働きながら花屋のフリーランスだったのが、ある時占星術にどハマり。2022年8月からフラワーワークショップを再開。花と占星術を使って、思いもよらなかったような自分の魅力や願望に気がつくためのお手伝いをしたいと活動しています。二児の男の子のママ。