占星術ブログ

蠍座28度。サビアンシンボル『自分の領土に近づく妖精たちの王』を検証。


現在
わたしのプログレスの月が蠍座27度にいます
(サビアンでいうと28度)

体験談を書いてみました

前回の記事の続きです
▶︎現在、プログレスの月が蠍座27度在住の引きこもり生活



 

サビアンシンボル蠍座28度

蠍座の26〜30度は
 『依存していた対象から独立するためのあがき』

28度は
 『過去を踏み台にして突破する力』

それが重なる蠍座28度は
 『依存しあう関係から距離を置き、
  じぶんが信じた場所で、ゆったりと過ごす』

解説と、この時期の過ごし方


この時期はひとりの時間を大切にして、

無理して外に出ようとせず、
じぶんの好きなことをしたり
好きな場所にいってゆったりと過ごすにがいちばん

『自分の領土に近づく妖精たちの王』の
自分の領土という意味は、具体的な場所ではなく
こころの中にある、
じぶんだけが理想とする世界を現しています


人になにかを求めるのではなく
じぶんの中でたのしむ
じぶんの中だけで完結させることに適した時期


『ほんとうに求めていたものが手に入りそうな気がしてくる』
と、松村潔先生の本には書かれていますが
(『三年後の私がわかるサビアン占星術』)
わたしの体感としても、そんな感じがしています



あと少し
粛々と、いまできることを。




くどいほどブログでも書いている
キーワードですが
それをちゃんとしていれば
なんとかなるんだろうなあというのが
しっかりと感じられるようになりました





ファセの体験談


ちょうどサビアンでこの度数に入った頃から

『外の世界イラネ』

となってしまいました


わたしはもう家族がいて
星ができたらそれでいいから
あとはぜんぶ余興だ

みたいな気持ちになっちゃって





この度数に入ったばかりの頃は
コロナも流行していなかったので
毎日のように
お気に入りのカフェで
ラテを飲みながら仕事したり勉強したり

最高だぜ
しあわせだぜ

その前までは
前の仕事を辞めて収入が減ったので

他の仕事探さなきゃ
早く結果出さなきゃ

とすごくすごく焦っていたのですが
その頃になると























履歴書書くたびに
なんとなしの屈辱感を感じていたので

やっとふっきれた
せいせいすりゃあ!


みたいな感じで
やっとじぶんの中の
『ちゃんとしなければ』というものに
後ろ髪をひかれなくなったところでした




まあそれが今
子守と並行になったので
わちゃわちゃしながらも続いている感じ


引きこもりバンザイ♡





 

 

 

とはいえ星は流れてゆくもの


次の星座の射手座に入った頃には
外へ外への
いけいけゴーゴーになっているかもしれません笑






と、そのまえに!

 

 

次は蠍座29度!

『なみだの度数』と言われている度数の中でも
蠍座の29度はいちばん涙モノ!

なんて言われることもありますが
ドキドキニヤニヤしながら
その経験を待ってみることにします





また時が来たらレポートします♡





星読み自習室 ファセ

 

星読みブロガー I 2児のママ
ファセ
月『蟹座』で情緒的、太陽水星『蠍座』で執着心強め、11ハウスに星が集中で依存心強いわりに束縛されるの大きらい アセンダント『射手座』と1ハウス『天王星』がかなりきいており、カニで小心者のわりにぶっ飛ばソウルです "星は超えていく" が大前提 自分に都合の良い星読みをしています♡ 星好きが集うオンラインコミュ二ティー『星読み集会所』メンバー募集中!