新月・満月

【2022年4月1日牡羊座新月】『森から抜け出せないなら、いっそのこと楽しく森に住んでしまえ♡』

2022年4月1日『牡羊座新月』




『森から抜け出せないなら、いっそのこと楽しく森に住んでしまえ♡』

牡羊座新月についてです


今回は力尽きて、途中からYouTubeに投げていますがごめんなさい!




今回の牡羊座新月は8ハウス

春分後、初めての新月

これからさわやかなスタートだ♡♡♡

と思っていたところにいきなり濃い8ハウス、、



月8ハウスのスペシャリストのわたしから言わせていただくと、『迷いの森から向け出せなら、いっそのこと楽しく森に住んでしまえ♡』

もうこれに尽きると思います

▶︎『8ハウス』に”月”がある人へ。おもっているほど世界はこわくない。特徴と体感をシェア。


▶︎【8ハウスの意味】『おはなし』に引き込んで、変容をうながされる場所。逃れられない関係性。



8ハウスっていうのは、血縁関係や結婚生活、大きな組織など、自分の力ではどうにもできないような、『逃れられない関係性』を表します

そこでの新月となると、今がどんな状況でも、今ココから始めることができる

8ハウスは過去に引きずられやすい場所でもありますが、この配置を読むと、どんな過去を持っていても、今ココから新しく進んでいくことができる



8ハウスというのは蠍座が管轄するハウスで、天体でいうと、死と再生の冥王星が管轄しているハウスです



一番動きの速い、うつろいやすい月が、得体の知れない人智を超えた冥王星の国にいるっていうことは、結構な負荷がかかるっていうイメージもあるかと思いますが、



忘れてはいけないのは、8ハウスは『逃れられない関係性』を表すと同時に、変容を表すハウスなんですよね


逃れられないものの中から、なにを学んで、何を吸収して、どう自分を変容させていくのか、、ということがキモになると思うんです



8ハウスは、逃れられない関係性っていうだけあって、その中には、どうにもできないことと感じてしまうこともあるけど、何度も何度も向き合って、自分を変えようとし続ける!とか、その事象を受け入れた上で、そこから抜け出そうとし続ける姿勢とか、それを超えてもう楽しんでしまうこと 

それがある地点まで達したところで、その逃れられないものがなくなるのではなく、自分自身が変容していくことで、逃れられないものを超越できるようになる

そのことで結果事象を変えていくこともできるようになる

もしくは8ハウスが自分の一番の居場所だったんだと思えるようになるのかも




それに逃れられないっていうとネガティブに捉えられがちだと思いますが、これは良い悪いではなくてで、逃れられないものから得られるものっていうものというのも、必ずありますよね

それが遺産相続とか、血縁関係からもたらされるものとか、もっとわかりやすくいうと、結婚することで得られる金銭とか、人との関係性であったりもします

逃れられない場所に放り込まれることで、精神力を鍛えられたり、それが結婚相手なんかに当たる場合は、相手をもっと分かろうと自分を捧げることで、自分の全て預けられるような絆を結ぶことができたり


なのでどれも捉え方次第

私たちには自由意志があるので、今、もし逃れられない状況とか、人とか、どう頑張っても振り切ることができない過去、自分をネガティブな方向に向かわせるような価値観があると感じているのなら、それが今あることによって、自分はどんなものを得ることができるのか、、という視点を大切にしていけたらいいなあ思っています



今がどんな状況でも、『今ここ』から初めていけるのが、今回の牡羊座新月です

 

 

 

続きは動画で


チャンネル登録はこちらから♡
星読み自習室YouTube

まとめ


どんな場所でも、自分の存在意義を確かめていくこと
『ここで、生きている!!!』

と、”今ココ” から叫ぶような、そんな配置だなあというふうに感じました


わたしたちはこの世にしっかりと生きている

自分が自分のままで、その存在を確かめ続ける

そんな牡羊座新月








ということで、


”【2022年4月1日牡羊座新月】『森から抜け出せないなら、いっそのこと楽しく森に住んでしまえ♡』”


について、でした♡





星読み自習室


星読みブロガー I 2児のママ I たまに花屋
ファセ
花屋で働きながら花屋のフリーランスだったのが、ある時占星術にどハマり。2022年8月からフラワーワークショップを再開。花と占星術を使って、思いもよらなかったような自分の魅力や願望に気がつくためのお手伝いをしたいと活動しています。二児の男の子のママ。